生花を美しい姿で長時間保存する為、専用の溶液を用いて加工した花です。

 (以下Wikipedia引用)

【長所】

・寿命が長く、保存状態が良ければ10年以上保存できる。

・着色によって現実にはない色合いの花を創りだすことができる。

・保存液に安全性の高いものを用いれば有害性は低い。

・生花と違って、花粉アレルギーの心配が無い。

・水を与える必要がない。(与えてはいけない)

【短所】

・水気に弱い。湿気のある所には置いてはいけない。

・直射日光など、紫外線によって褪色することがある。

・布などに長時間接したままにしておくと、染色に用いた染料が色移りすることがある。

・エアコンやヒーターの風が直接当たらないようにする(乾燥しすぎると、花びらのひび割れの原因となる)。